2006年11月03日

退職するまでの経緯 その

異動後は本部スタッフとなりました。販促プランの立案や販促ツールの企画・作成、広告企画などを主に行いました。この時の仕事は面白かったです。部署内では最年少でしたが、使える費用は圧倒的に多く、いろんなことが出来ました。使える費用の中でいろいろとやりくりをして、これまでと同じ内容もしくはレベルを上げた内容でありながら、業者さんとの交渉や新しい業者さんを探すなどして費用を抑えていきました。そして、浮いた費用で新しいことをやっていきました。

特に途中で新しい上司がきてからは、提案内容が良ければかなり自由に仕事をやらせてもらい、本当に楽しかったです。その分、結構働きましたが。仕事が楽しい時は労働があまり苦にならないものですよね。また、社内で選抜をされてビジネスリーダーとしての研修を1年間受けさせてもらい、これもかなり自分にとってプラスになりました。研修で学んだ内容を自分なりに仕事に活かし、うまく仕事が回り、さらに仕事が楽しくなるという好循環の時期でした。

自分としては、早く人を使える立場になりたいと思っていたし、それなりの実績をあげ、評価ももらっていたのですが、なかなか年功序列制度が抜けず、そうはいきませんでした。しかし、幸いにも業者さんを使える立場にいたので、業者さんをうまく使えるようになろうと意識して、自分が人の上にたった時の練習だと意識して仕事をしていました。後半は上司にお願いしてプロジェクトを立ち上げ、その推進役としての仕事もしました。人と一緒に仕事をしていくコツは、月並みですが、目標をはっきりし、その目標を常に共有するようにし、成果があれば細かなことでもフィードバックしていく、このことだと実感しました。そして誠意と熱意と粘りですね。


この時期は家庭の問題でいろいろ苦労もしたのでしんどかったのですが、それでもいい時期でしたね。
posted by グッドライフ at 22:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退職するまでの経緯 その1

私は会社に入って1年程経った頃から、独立したいという思いがありました。まずは1000万円貯めてから、と思って貯金と運用をしていましたが、1000万貯まっても会社を辞めることはできず・・・。やはり安定を簡単に捨てることは出来ずにいました。仕事もそこそこ面白かったですし。

そんなこんなでだらだらしていましたが、あるとき会社を辞めようと決心しました。仕事もマンネリになってきて、上司に自分の思うように仕事をしたいのでほんの少しだけでも自由に費用を使わせてもらえないかという話をしたが聞いてもらえず、だらだらと過ごしていた時期です。(それでも、事務所にいる時はつまらなかったですが、お客様のところにいる時はそれなりに一生懸命やっていて、張り合いもありましたが) そして、辞表を書こうと思って会社を休みました。が、これがびっくりする話なのですが、会社を休んで家にいると自宅に上司から電話がかかってきて呼び出され、会ってみたら異動の話でした。ものすごくタイムリーな話なのですが、これがまた希望していた部署への異動ということで、これは神様がもう少しこの会社に残るようにいっているのかも、と解釈して、結局辞めずに残ったのでした。

ちなみに、この異動前の最後の日の全体朝礼で「実は会社を辞めようと思っていた」ということを発表して、上司の度肝を抜かさせてしまいました(笑)
posted by グッドライフ at 22:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

はや1ヶ月

会社を退職して(正確には有給休暇の消化中)はや1ヶ月。
月日のたつのは早いものです。

この1ヶ月でやったこと
 ・友達や嫁さんの友達、会社の先輩など5組ほど遊びに来てくれました。
 ・もうすぐ東京に引っ越す予定なので、その前にと思って、祭りやプラネタリウムや砂丘など、近隣の観光をしています。これからも鍾乳洞などに行く予定。
 ・1日2時間の建築の勉強と散歩を始めました。
  (ただし予定のある日はやってないので、あまりできていません)
 ・次に住むところがだいたい決まりました。
 ・次に学ぶ学校がだいたい決まりました。 (転職後の仕事に絡むことを学びます)

もうちょっと、いろいろしている予定でしたが、惰性に流されてしまって、なかなか出来ないものですね。
もし自分で会社を立ち上げられたら、自分でやることを決めて実行していかないと、何もできないんでしょうね。惰性に打ち勝てるものがきっと人生の勝者になるに違いないと、あらためて実感します。
でも、せっかくなのでもうちょっとダラダラしてます(笑)
posted by グッドライフ at 01:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

会社を辞めた理由2

異動でいやなことといえば、職種の問題よりも上司の問題があります。サラリーマンでいる限り上司は選べません。どうしても人間、合う合わないがありますし、上司によっては自分にとって理不尽なやり方をやらざるを得なくなることもあります。

少し極端な例ですが、世間をいろいろ騒がせる会社や役所の不正問題にしても、恐らく上司の指示があって間違いを起こしてしまっているサラリーマンがたくさんいますよね。もちろん、自分が間違っていると思うことはやるべきでない、というのが正論ですが、組織の中で働く以上、あまり対立を起こすと、自分のやりたい仕事もしにくくなる、といったことが出てきます。

私も会社にいる時は、自分のポリシーに合わないことはきちんと自分の意見を言って説得し、状況を変えようと試みたりもしましたが、それでかつ対立を起こさず、うまく組織の中でやっていくにはものすごいエネルギーを要します。あれは辛い・・・。そもそも、会社を辞めるという選択肢が頭の中にあると、自分の意見を通しつつ対立をうまない、ということに膨大なエネルギーを注ぐ気力が薄れてしまうんですよね。

日本の会社というのは年功序列の時代が長かったので、古い会社ほど、マネージャーとしての能力に疑問符がつく人(人間としての魅力とは別です)が、組織の上のほうにいることがまだまだありますよね。私が会社に入った時は、民間企業は実績をあげていけばどんどん出世して、自分が上司になれば問題なくなる、と甘い考えを持っていたのですが、現実はなかなかうまくはいきませんでした。最近は少しずつ状況も変わってきてはいるのですが、待てなかったんですね。

posted by グッドライフ at 19:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

会社を辞めた理由1

会社を辞めた理由にはいろいろありますが、その一つはやはり他人に自分の人生が左右されてしまうことです。例えば、異動。自分のやりたい仕事をしていても、いきなり異動させられて、まったく違う仕事をしなくてはいけなくなります。自分の好きなことばかりやっていると、幅が狭くなるのである程度は強引に他の仕事をさせられるのもいい経験なのですが、今の仕事にノッているのに外されると、やはりやり残したという悔いみたいなものが残ります。それは嫌ですよね。
posted by グッドライフ at 19:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

休日出勤?

昨日で最終出社でしたが、本日は休日出勤。
出勤というか、お世話になった会社の人に
最後の挨拶のメールを出したかったので、
休日に出てメールを書いてきました。

リストアップだけは前日までにしてあったので、
本日はメール本文を執筆。
たぶん100人くらいにはメールを送ってます。

内容は当然、お礼の言葉とこの会社に入ってよかったこと、
あと、僭越ながらご意見もしてきてしまいました。

社風がいいのが特長で、きっと強みでもあるんですが、
最近の成果主義の流れの悪い影響を受けていて、
数字ばかりの管理、結果だけの重視で、
社風がギスギスしだしてきている気がするんですよね。
社風のよさが、前向きな気持ちと社員間の協力体制をうんで、
給料が安くてもしっかり働く社員をつくってるんだと思うんですよね。
お客様の受けが比較的いい会社なんですが、
それも社風のよさが社員の態度に表れてきているのだと思いますし。
これは会社運営のコストパフォーマンスの面で強みだと思うんですが、
それが弱くなるのはもったいないと。
そのことを書いてきました。

メールの送り先には役員さんも数名。
こんなペーペーの去りゆく社員が、
偉そうなことを書いてしまってどうかとも思いますが、
一応愛着はあるし、今後も成長していって欲しいですからね。
posted by グッドライフ at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

最終出社

本日、最終出社。
(有給休暇を消化するので、正式な退社日は6月28日ですが)

もう少し、感慨深いものになるかなとも思ったが、
それほどでもなかったです。
なんとなく、明日からもう会社に来なくなるのか、
という、それだけの感覚。
自分の意思で辞めるわけだし、
未練があるというより将来への希望のほうが大きいので、
こんなものでしょうか。

会社生活は待遇面では不満もあったけど、
本当にみんないい人ばかりで、社風が非常によく、
最初に働くのがこの会社でよかったと思っています。
社風がこんなに大事だとは、
学生時代に就職先を選ぶときには考えてもいなかったなぁ。
仮にサラリーマンを続けるのであれば、
多少給料が安くてもこの会社を選びますからね。

私が転職するのは、その先の独立があってこその選択ですから。
posted by グッドライフ at 23:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

某P生命のスカウトが・・・

某P生命からスカウトの電話がかかってきました。会社を辞めることは決まっていたし、業績のいい生命保険会社なので、なにか盗めるものはないかという思いもあって話しを聞きに行ってきました。

この直前に、雑誌の会社広告にトップ営業マンとして取り上げられたので、それを見て電話をかけてきたのかと思いきや、まったくそうではないとのこと。スカウトの電話をかけてあった相手に、自分の周りで優秀な人はいないかと聞き出してリストアップをしている様子。この会社、100%中途採用らしいんだけど、こうやってスカウトをしてるんだね。自分が会社を運営すると木にも使えるかもしれないので、要チェック。ちなみに、聞き出す際には 1.具体的にどんな人かを挙げている(成績が優秀な人、声が大きい人、交友関係が広い人、など) 2.3人教えてください、というように人数を提示している というところが、聞きだしやすくしているポイントのようです。

とりあえず、今日のところは最初の話を聞いて、多少なりとも意思があるのかを確認するだけの様子。今後、支社長にに合って話がすすんでいくとのことで、次のアポを取ってしまいました。
posted by グッドライフ at 19:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。